クリエイティビティあふれるお子さまのため、年次に合わせたアイテム

お子さまが初めて「ママ」「パパ」と言葉を発した瞬間は、忘れがたい素晴らしいものです。言葉を話すには、まずは言語の発達という段階が不可欠になってきます。最初の段階では、大人の話す言葉を単純に真似ているに過ぎませんがだんだんとそれぞれの言葉のもつ意味を理解していきます。
人間の心と身体は、一時も同じまま保たれることはなくどんどん変化していきます。私たちの周りにあるものすべてが学びの機会となり、それを経て思考がより複雑に、高度に育まれていきます。特に幼児から若い頃にかけては成長が著しく、パーソナリティの形成にも大きな影響を与えるため、低年齢時点から学ぶことが大切だと言えます。

低年齢児のお子さまに学んで欲しいものは何でしょうか。お子さま本人のやる気と興味に合わせて、材料を提供したりやり方を示したり、一緒に遊ぶことはお子さまにとってかけがえのないプレゼントとなります。