いつも何かに興味津々

これはなぁに?なぜなの?子どもたちはいつも知りたがり。3歳から5歳までの子どもの世界は、「今、ここ」が中心です。自分の身の回りにあるものに強い興味を示し、好奇心旺盛に知りたがります。

例えば幼稚園に行くお子さまは、家族以外の大人や同年齢の子どもと出会うことによってコミュニケーションスキルや他者へ共感することを身につけていきます。さらに手指の発達も著しく、より細かい作業ができるようになってきます。
遊びを通じて様々なことを学び、身につけ、小学校へ上がる準備を行っていくのです。