誰が、何を、どうやって、なぜ?

この年次では、とにかく全てを知りたがるという傾向があります。学校で新しいことを学んだら、とにかくそれを他の人にも伝えて知識を使いたがります。学校は子どもの成長の始めの段階としてとても重要になります。学校で習うことや宿題として出される課題は、子どもの成長をより高いレベルで実現することをサポートする側面もあります。

子ども達はしばしばグループを作ります。グループ内の他の子どもとの付き合いから、様々な経験をします。
子ども同士で約束をする経験から、昨日・今日・明日といった日付の概念を身につけたり、自分の興味を後回しにして他者を優先させるなどです。
こうした経験から、人間が他人と関わる時にどのようなコミュニケーションが行われるのかを頭と身体で覚えていきます。