PITTチョーク (バーントサングイン) (#122822)

多くのアートスクールでモノクロームカラー(ブラック、ホワイト、サングイン、セピア)を使用した講座が開講されています。控えめな色を使いつつも、対象物に命を吹き込み絵の中に鮮やかによみがえらせるのです。光をホワイトで、そして影をブラックで表現するというのはルネサンスの時代からとられてきた手法です。ファーバーカステルのPITTモノクロームシリーズのチョークは作画の長い歴史を思い起こさせます。これらのチョークが通常のパステルクレヨンよりも硬い理由は、描いた後に手でぼかしても線がにじまないようにするためです。サングインやセピアのクレヨンは油性または非油性の鉛筆と併用し、スケッチやディテールの描写に役に立ちます。
Price

¥3,000