第四世代

ローター・フォン・ファーバー

長男であるローター・フォン・ファーバーは、父親のゲオルク・レオンハルトから鉛筆工場を引き継ぐ。彼の経営の下、工場は国際的な企業へと発展していく。 経済的成功と進歩的な社会貢献により、ローサーは1862年に貴族の仲間入りを果たした。

3人兄弟-成功した鉛筆メーカー3社

オッティリー・フォン・ファーバーと息子のヴィルヘルム

ローター・フォン・ファーバーは1847年にOttilie Richterと結婚し、彼が会社を経営している間、彼女は彼を支えていました。1851年、二人の息子Wilhelmが誕生する。家長の希望は彼に託されていた。

Lothar von FaberとOttilie von Faberの詳細を見る

さらなる世代

第五世代
ウィルヘルム・フォン・フェイバー
続きを読む
第六世代
オッティリー伯爵夫人とアレクサンダー・フォン・ファーバーカステル伯爵(1866~1928年
続きを読む
七代目
ローランド・フォン・ファーバー・カステル伯爵
続きを読む