時代を超えた鉛筆製造

鉛筆が16世紀から生産されてきたことがわかっています。昔からの手作業による生産方法は一貫して改良され、機械化され、最終的には自動化されてきました。しかし、基本的な原理は変わっていません。

ゲロールズグリューンのスレート工場

ローター・フォン・ファーバーは、上フランケン地方の小さな町ゲロールズギュンにスレート板の工場を設立しました。これにより、当時は主に学校で使用されていたスレート製のルールが新たに加わりました。木製のルールは後にここで生産され、その後、スライド式のルールも生産されました。

スタインに近代的な生産棟を建設 1925年頃

1925年、アレクサンダー・フォン・ファーバー=カステル伯爵は近代的な生産団地の建設を開始します。これにより、製造工程が効率的になり、生産量を増やすことができるようになりました。巨大なコの字型をしたこの建物は、現在でも鉛筆の製造に使用されています。