アルブレヒト・デューラー・マグヌスとの基本テクニック

Albrecht Dürer Magnusは、高品質の素材とFaber-Castellの経験により、完全に水溶性です。これにより、乾いた部分と濡れた部分の間で完璧な色の移行を可能にし、線を色のある部分にシームレスに融合させることができます。わずか数回の筆のストロークで、この色は細かく塗っても、広い範囲に塗っても、水彩画の状態で独特の色の強さを発揮します。ボリュームのあるリードのおかげで、多くの顔料を素早く塗布し、その後水彩画を描くことができます。色の強さは、使用する水の量によって、鮮やかな色とパステル調の間で変化します。より強い色の効果が必要な場合は、別の紙に色をつけて溶かし、すでに水彩画を塗った部分に塗ることができます。

色を塗り重ねる

湿らせた絵筆で色の上から塗ると、紙の上の顔料が鮮やかな水彩画に変わります。

濡れた紙に絵を描く

鉛筆は濡れた紙に描くとたくさんの色を出します。湿った紙面では、水分の度合いによって筆の流れが異なります。

ミックスドシェード

ミスティングボトルを使って水で色をスプレーすることで、面白い効果とユニークなミックスシェードを実現することができます。

孵化とクロスハッチング

アルブレヒト・デューラー・マグナスを急角度で持つことで、細かい線を描くことができます。このペンの姿勢は、スケッチなどのクロスハッチや正確な線を描くのに適しています。

シェーディング

非常に浅い角度で鉛筆を持ち、軽く押す(シェーディング)ことで、色の層が均一になります。

色合いの変化

鉛筆の筆圧を変えることで、さまざまな色の濃淡を作り出すことができます。アルブレヒト・デューラー・マグナスは、極端な筆圧にも耐えられるように設計されており、強烈ではっきりとした色の領域を作り出すことができます。

鮮やかな色

明るい色は透明で、暗い色は不透明です。明るい色から暗い色へと色を重ねることで、色の輝きと鮮やかさが増します。

混合された色

多数の等間隔の線は、異なる色を重ねることによって修正したり、強めたりすることができる効果を与えます。色を重ねる順番によって、異なる混合色を作ることができます。

消去

消しゴムは間違いを直すのに最適なだけでなく、的を射た使い方もできます。一度塗った色を消しゴムで紙から消して、意図的に白いスペースを作ったり、あまり濃くない色の部分を作ったりすることができます。

ピグメンテーション

ナイフを使って、カラー顔料を絵の上に置き、ペーパーワイパーでこすることで、素晴らしい効果を生み出すことができます。