アルブレヒト・デューラー・マグヌスの鯉の色付け方法

Adults 

60 僅少

あなたに必要なもの

アルブレヒト・デューラー マグヌス 黒鉛アクアラレ鉛筆6B、カステル9000黒鉛鉛筆HB、ウォーターカップCLIC

ステップ1

プリンタ用紙のDIN A4用紙2枚にテンプレートを印刷します。2枚のページを表にして接着します。水彩画用紙の裏にグラファイトアクアレル鉛筆で陰影をつけます。水彩画用紙の上に用紙を置き(下向きのシェード面)、カステル9000黒鉛鉛筆で鯉の輪郭をなぞります。輪郭が水彩紙の上に見えるようになります。

ステップ2

鯉の色付けを始めます。色を特に輝かせるためには、いくつかの色を重ねる必要があります。鯉魚の赤の背中にカドミウムイエロー107で少し陰影をつけ、その後、暗いカドミウムオレンジ115の少しを追加します。エリア全体を陰にしないでください、特定の部分を残します。最後に淡いゼラニウム湖121の集中的な層を追加します。鯉の側面と頭の部分的に暖かいグレーII 271で影をつけ、その後、ライトウルトラマリン140、カドミウムイエローとダークカドミウムオレンジで。口元は濃いカドミウムオレンジと淡いゼラニウム湖で彩る。

ステップ3

濡れた絵筆で色のついた部分に作業をします。明るいところから暗いところまで描くようにしてください。鉛筆から直接黒の顔料を少しだけ取り、目を描きます。アクセントやハイライトの場合は、濡れた部分に直接鉛筆で描くこともできます。(ウォーターカップに直接鉛筆を浸さないでください)

ステップ4

2匹目の鯉魚の赤の部分を1匹目と同じように濃淡をつける。濃い赤の部分は、ウォームグレーII、ペールゼラニウムレイク、マゼンタ133で構成されています。目の下の部分には、ウォームグレーII、カドミウムイエロー、ダークカドミウムオレンジを使用します。

ステップ5

2匹目の鯉の背中の青い部分には、ウォームグレーII、ライトウルトラマリン、ヘリオブルーの赤み151を使用します。濡れた絵筆でその上から作業する(手順3参照)。
3匹目の鯉の赤の部分は、1匹目、2匹目と同じように濃淡をつける。黒の部分をシェーディングします。鯉魚の残りの部分をライトウルトラマリンとウォームグレーIIで着色します。ぬれたペンキのブラシでエリアの上に作業します。

ステップ6

真ん中の赤い部分をカドミウムイエロー、ダークカドミウムオレンジ、淡いゼラニウムレイクで陰影をつける。口元をマゼンタで彩る。側面はカドミウムイエロー、ダークカドミウムオレンジ、暖色系のグレーVで陰影をつける。
ペンシルから直接黒の顔料を少しだけ取り、目と黒の部分を描く。アクセントやハイライトを入れたい場合は、濡れた部分に直接鉛筆で描くこともできます(最終結果参照)。