アルブレヒト・デューラー・マグヌスと葉を描く

Adults 

45 僅少

あなたに必要なもの

-アルブレヒト・デューラー マグヌスは、深い緋色の赤219、ウォールナットブラウン177、焦げた黄土色187と暖かい灰色のII 271で
-水性ブラシ
水彩画用紙(DIN A4またはDIN A5) -水彩画用紙(DIN A4またはDIN A5) -水彩画用紙(DIN A4またはDIN A5

ステップ1

好ましくは、テンプレートとして実際の、興味深い形をしたカラフルな葉を配置します(例:カエデの葉)。また、写真をテンプレートとして使用することもできます。

水彩画用紙に焦げた黄土色の187で葉の輪郭と葉脈、茎の輪郭を描く。

ステップ2

焦げた黄土色187で表面を強化。深いスカーレットレッド219で一つ一つの部分を深める。ウォールナットブラウンで葉の茎を強調する。

ステップ3

水筆ですべてを描きます。葉の輪郭、葉脈、茎、異なる色の表面が見えたままで、お互いに混ざらないようにしてください。
ウォームグレーII 271の顔料から直接筆先を取り、影を描きます。このプロセスでは、論理的な光(この例では、光は右下から来ています)に注意してください。
その後、深い緋色の赤219の鉛筆から筆先の顔料を取り、ダンパーのもみじの葉の部分を強調します。

ステップ4

濡れた筆で鉛筆の先端から他の顔料を取り、湿った葉っぱのより多くの部分を強調します。

その他のアイデア

アルブレヒト・デューラー・マグヌスとクロムボールを描く
特に反射はこのチュートリアルの課題です。
続きを読む
アルブレヒト・デューラー・マグヌスの布タオルを描く
強い光のコントラストは、あなたの描画をより鮮やかで面白く見せてくれます。
続きを読む
アルブレヒト・デューラー・マグヌスとトマトを描く
反射は、オブジェクトがより鮮明で面白く、ほとんど本物に見えるのに役立ちます。
続きを読む