世界の子供たちのショートストーリーとぬりえのテンプレートリノ

リノはペルーの山中にある小さな村に住んでいる8歳。大きな山はアンデス山脈と呼ばれています。リノの村はかなり高いところにあるので、山の峰々が一望できます。リノの村には100人ほどしか住んでいないので、学校はありません。そのため、リノと彼の兄弟姉妹は毎日、合計7キロの距離を歩いて学校まで往復しなければなりません。リノは学校に行く途中で他の村を通り過ぎたり、友達に会ったりするので、この距離が長くても全く気になりません。リノが一番楽しいのは、雨が降った後すぐに学校に行くときです。雨が降ると水たまりができて、その水たまりに飛び込んだり、他の子どもたちに水しぶきをかけたりするのが大好きなのです。
リノの好きな教科は音楽です。音楽の授業では、クラスの全員が楽器を演奏することになっています。リノはペルーの代表的な楽器であるオカリナを弾いています。卵の形をしていますが、粘土のパイプです。オカリナはとても小さいので、リノはズボンのポケットに入れていつも持ち歩いています。
家に帰るとすぐに、ママの真由美さんがリノと兄弟姉妹を呼んでくれます。しかし、リノはそのまま小屋には入らず、ニヤニヤしながら小屋の裏に回り込み、アマルが待っています。アマルはリノのペットで、犬でも猫でもなく、アルパカなのです。アルパカを撫でたことがある人なら、その毛並みがフワフワなのがわかると思います。
リノは夕飯を食べた後、家族や村の人たちと一緒に焚き火を囲みます。ペルーの歌を歌ったり、ダンスをしたり。リノは飛び跳ねているとすぐに疲れてしまうので、お母さんがベッドに連れて行ってあげます。リノは疲れた犬のようにベッドに入り、すぐに眠りにつきます。ミュージシャンになって、アルパカと一緒に世界を旅することを夢見ています。

他の世界の子供たちについてはこちらをご覧ください。

世界の子どもたちさちこ
8歳の幸子は、首都東京で家族と一緒に暮らしています。
続きを読む
世界の子供たち。セクウ
セクウは10歳で、マサイ族の民族グループに属しています。
続きを読む
世界の子供たち。タマニ
"ナマステ"タマニはインドの友人たちにそう挨拶しています。
続きを読む