体系的に書くことを学ぶ

留意すべき点をいくつか挙げておきます。

適切な鉛筆だけでなく、以下の基準を満たす鉛筆は、子供の手書きのスキルに良い影響を与えます。

シッティングポジション

直立した良い姿勢で座ることは、書く動作をスムーズにするために重要です。足が床につくようにします。そのためには、家具の高さを調節するか、小さな踏み台の上に足を乗せる必要があります。テーブルの上に正座することで、目と手の協応が完璧になり、子供は書く運動能力を観察することができます。

腕の位置

筆記中は、下腕と手の外側の縁が筆記具の上に位置するようにする。これは、肩、腕、手首がリラックスしており、筋肉の面でさらに激しい保持作業をする必要がないことを意味します。

シート位置

教科書やワークシートは、右利きの人は左に15度程度、左利きの人は右に30度程度の傾斜をつけるとよいでしょう。机に正対して座ったとき、この位置は下腕の動きに対応し、左利きの人も右利きの人も、手が線の下にくるので書きながら確認することができる。特に左利きの人はフックポジションになりがちで、手や指に力が入りすぎてしまうので、このポジションは重要です。

判決

罫線の種類は、書くことを学ぶ際の大きな支えとなります。文字を書く練習では、実際の動作の順序よりも文字の形を練習することが多いので、罫線の間隔が広い紙を用意すると便利です。練習に最適なのは、端の色が異なる罫線で、昇順・降順と文字の真ん中を示すもの。
左利きの子供には、シートの右側に罫線を表示するのが賢明です。そうしないと、左利きの子供を助けるための図が左手で完全に覆われてしまい、見ることができなくなるからです。

光の入射

光は子供の手の好みに合わせてページの上に落ち、文字を陰にしたり目と手の協調を歪めるような影を作らないようにしなければならない。学校でも余暇でも、複数の子どもが一つのテーブルで書いたり作ったりする場合は、腕を活発に動かして互いの邪魔にならないように座らせること。