体系的に書くことを学ぶ

留意すべき点をいくつか挙げておきます。

適切な鉛筆だけでなく、以下の基準を満たす鉛筆は、子供の手書きのスキルに良い影響を与えます。

基準1

1.良い座り方は、字を書くときの流れを良くするので、手書きではとても重要です。子供の足が床に触れるようにします。そのためには、家具の高さを調節するか、足元にフットスツールを置く必要があります。机の前に直立した姿勢で座ることで、机の表面(手)と目の間に最適な距離を確保することができます。

基準2

2.執筆中は、前腕と手の側面を机のパッドの上に置く。これにより、肩や腕、手首などの筋肉に無理に力を入れて追加の保持作業をすることなく、リラックスした状態で作業を行うことができます。

基準3

3.3. 右利きの人は、エクササイズブックやワークシートを左斜め(15度)に置き、左利きの人は右に約30度の角度で置きます。テーブルの真正面に座った場合、この位置は前腕の動きに対応しており、左右の利き手が筆記線の下に手を置くことになるので、筆記作業をモニターしながらコントロールすることができます。この位置は、左利きの人にとって特に重要です。

基準4

4.線の入った紙は、手書きの能力の発達をサポートします。学校では動きの順序よりも文字の形を重視しているので、実際には線の太い紙を子どもたちに与えることに意味があります。特に、左余白に異なる色の線が入っている罫線紙は、大文字と小文字の違いを強調するのに適しています。
左利きの作家は、左手が左マージンのサポートカラーを完全にカバーしてしまい、役に立たなくなってしまうので、右マージンに上記のカラーマークを追加することをお勧めします。

基準 5

5.5. 手の影で作業をしていて、文字や視覚運動能力が損なわれないような方向から光を当てなければなりません。