体系的に書くことを学ぶ

動き出す

お子さんの総体的な運動能力が発達すると、最初の数年間で運動能力が磨かれていきます。例えば、ビーズや糸で遊んだり、粘土をこねたり、弓を結んだり、手芸をしたりして、楽しく練習していきます。
子供に準備運動をさせることで、文字を書くときの手の動きを練習させることができます。そのためには、子供に腕全体を使った大きな動きをさせる必要があります。十分なスペースと大きな紙があれば、筋肉を緊張させることなく、一連の動作の感覚を身につけることができます。
これらの動きは、手全体を使うことで、次第に洗練されていき、後には指の意図的な動きにもつながっていきます。いわゆる鉛筆の滑らかな動きを練習するためのエクササイズは、子供が文字を書くときの手と手首の動きのシーケンスを学ぶのに役立ちます。また、文字を書くとき、私たちは常に素早いストロークと短い休憩の間を行き来しているので、文字を書くリズムの感覚を身につける必要があります。文字を書くことを学ぶことは、お子さんの全体的な成長を促すことになります。