体系的に書くことを学ぶ

正しい方法で物事を把握し、体系的に書くことを学ぶ

手を伸ばす動作は、人間の発達全般において非常に重要な役割を果たしています。未就学児や小学1年生の子どもたちがクレヨンや鉛筆を効果的に使えるようにするためには、ペンを持つときの精密な握り方と同じように、肩から指先までのすべての筋肉や関節を適切に発達させ、鍛える必要があります。

拳または手のひらでの把持

最初のうちは、幼児はこぶしや手のひらで物や鉛筆を握ります。この握り方によって、例えばジャンボワックスクレヨンやジャンボグリップ色鉛筆を使って、最初の簡単なお絵かきの動きをすることができます。

このように、彼らの最初の「絵」は、鉛筆を導く「ランダムな」腕の動きの結果なのです。
この段階では、将来のデッサンや筆記のスキルのレパートリー全体に影響を与える重要な移行が行われます。動きはより目的的になり、線はもはやランダムではなく、二次元の紙に描かれたときに、より制御されています。

ピンチグリップ

ジグザグや円を描く動きをすることで、後の段階で文字を書く技術を身につけるために重要な線の連続性を練習します。その後、鉛筆やクレヨンを握るピンチグリップを行うことで、鉛筆やクレヨンを持ち始めます。子供たちはより意識的に指を使うようになり、文字を書くパターンを真似るようになります。

挟み込みグリップ

人差し指と親指の間に物を挟むことができる挟み込みグリップは、子供が小さな物を扱うとき、例えばビーズやパズルのピースを選別するときに練習します。中指の力を借りて、次のステップに進み、三脚の握り方を学びます。

三脚グリップは、鉛筆を適切にコントロールするために必要不可欠なものです。この場合、人差し指は、全体の動きをガイドするために最も積極的な役割を果たします。親指と人差し指は鉛筆の両側にやさしく置き、中指はサポートのために鉛筆の下に入ります。書きながら腕の位置を変える必要があり、筋肉の緊張を招くので、凹みのある場所には置かないようにしましょう。三脚の握り方を正しく身につけるためには、適切な指導と繰り返しの鉛筆の握り方の修正が必要です。
上記のような活動をしている間に、子どもたちは同時に視覚運動技能(目と手の協調性)を習得し、練習することになります。ゲーム機でゲームをするような単調で反復的な動作ばかりをさせていると、重要な目と手のコーディネーション能力の発達を妨げることになる。学校で成功するためには、ボールを投げたりキャッチしたり、ビーズのひもを張ったり、おもちゃの積み木を組み合わせたり、図形を切り抜いたりと、複雑なグリップを繰り返し練習しなければなりません。

子どもの手の筋肉をほぐすためには、手を前に振って緩めたり、テーブルの上や他の子どもの背中を指で這ってみたり、様々な動き(転がす、ひねる、引っ張る、摘む、叩く、こねる)をして粘土の形を作ってみたりするなど、十分な量のストレッチ運動を取り入れてください。Faber-Castellの超軟質モデリング粘土を使って小さなボールを作るのは、手の筋肉を緩めて鍛えるための楽しい方法です。子供たちは、ボールを投げたり、跳ねたりするようにキャッチしたりすることができ、これはとても楽しいことであり、同時に多くのスキルや能力を向上させます。