体系的に書くことを学ぶ

書き方を学ぶ - 正しいグリップで

人間にとって「つかむこと」「握ること」は、その成長過程において非常に重要なことです。未就学児や幼児・児童が絵や字を書く道具を上手に使うためには、肩甲骨から指先までの筋肉や関節、そして正確な握りを身につけることが必要です。
小さな子どもはまず、物や筆記用具をこぶしで握ります。クレヨンやジャンボグリップの色鉛筆など、この握り方に適したものを使って、初めて簡単な絵を描く動作を始めます。これは、最初の「絵」に見ることができます。腕の動きから、ほとんど偶然に紙に記録されるのです。

その後、将来のお絵かきや書き物の動きにつながる重要な変化が起こります。動きがより的を射たものになり、線はもはや無造作ではなく、2次元の紙の「空間」の中でより意図的に描かれます。

円やジグザグの動きで、子どもたちは後に文字で使うことになる形のための重要な線の配列を練習します。この時期から、デジタルプロネートグリップでペンや鉛筆、クレヨンを持つようになります。指を使うことを意識して、手書きの文字を真似するようになります。

人差し指と親指を軽く曲げて握るスタティック・トリポード・グリップは、ビーズやジグソーパズルのピースを分類するときなど、小さなものを扱うときに練習します。

3本指と精密なグリップ

中指を使った3本指や精密な握りができるようになります。これは、筆記具を正しく持つ、つまりリラックスして持ち、一定のコースを維持するために重要です。人差し指は、最も活動的で支配的な指です。親指は、ペンと接する部分にそっと添え、少し曲げておきます。中指はペンの下で少し角度をつけ、凹んだり、くぼんだりしてはいけません。3本指の握り方を正しく身につけるには、子どもたちの指導が必要であり、何度も修正する必要があります。

このような活動の中で、目と手の協応は学習され、練習され、自動化されます。携帯電話やテレビゲームのように、一方的で単調な動きばかりしていると、目と手の協調性の重要な発達が妨げられます。子供たちが学校で成功するためには、ボールを投げたりキャッチしたり、ビーズを通したり、レンガを組み合わせたり、形を切り取ったりと、複雑な状況を繰り返し学ばなければなりません。

子どもたちが絵を描いたり、字を書く練習をしているときには、手が柔軟で緊張しすぎないように練習する機会も与えてください。手を振る、テーブルや他の子どもの背中で指を速く動かす、さまざまな動き(転がす、回す、伸ばす、つまむ、叩く、こねる)をして遊びの生地を作るなどです。

体系的に書くことを学ぶ

手書き文字の開発
例えば、自分の名前を大文字で書いたり、ママの名前を書いたり、お気に入りのペットの名前を書いたりします。
続きを読む
留意すべき点をいくつか挙げておきます。
適切な鉛筆だけでなく、以下の基準を満たす鉛筆は、子供の手書きのスキルに良い影響を与えます。
続きを読む