体系的に書くことを学ぶ

運動神経が自然に発達する

例えば、自分の名前、MUM、お気に入りのペットの名前などを大文字で書きます。文字は文字というよりも「描かれた」もので、その形は不正確であったり、鏡のように反転していたりすることがよくあります。この特定の発達段階では、心配する必要はありません。
お子さんが文字や言葉、短い文章や文章を書くことを学ぶのに必要なスキルを最初から確実に身につけられるようにするためには、多くの総体的な運動能力と微細な運動能力を身につけなければなりません。単純で複雑な動きの連続は、自動化される前に学習し、練習しなければなりません。子どもたちが行う多くの伝統的な活動やゲーム(手拍子ゲーム、ホップスコッチ、かくれんぼ、鬼ごっこ、パントマイム、ボールを投げたり捕まえたり、短いダンス、カウントアウトの韻など)や屋外での遊びは、これらの重要な技能や能力の発達を促します。後者では、バランスをとる、スイングする、回転する、交差するなどの重要な動きが、様々なレベルで様々な方向に向けて行われ、多くの場合、口語の韻と組み合わせて行われます。

子どもたちは、これまでに身につけた大きな体の動き(総運動技能)に頼って、より小さく、より洗練された動き(微細運動技能)を身につけます。これらのスキルは、材料や具体的な課題を与えられ、自動的に身につくように育成され、励まされなければなりません。このように、さまざまな動きの組み合わせをよく訓練していくことで、最終的にはグラフ運動のスキルが生まれてくるのです。生後1年目の子どもたちが描く線は、次第に洗練されていき、文字を書く力の基礎となります。この時期には、すでに意図的に様々な文字の練習を始めており、描かれた文字の形を観察したり、コントロールしたりしています(グラフ運動能力)。

基本的なお絵かき活動を行う動機付けが多ければ多いほど、文字を書くことを習得しやすくなると考えられる。このため、運動能力の低さが原因で手書きの問題を抱えている子どもたちには、総運動能力と微運動能力を練習するためのインセンティブを与えなければならない。就学前や1年目の準備として、鉛筆の動きを使って波線を練習するように促すエクササイズは、子どもたちにとって最良の方法です。正しい文字の形や綴りだけに注意を払うのは良くありません。目を開けたり閉じたりしながら、空中で、他の子の背中で、テーブルの上で、床の上で、自分の足で線や形をなぞって、自分の手で練習させてみましょう。