体系的に書くことを学ぶ

姿勢に注意

姿勢に注意

時間が経つにつれて、子供の把握は、子供の把握は、より具体的で差別化された何かに荒いと非特異的なから発展するのと同じように、鉛筆を把握する方法が変更される可能性があります。ほとんどの幼児は、こぶし全体で鉛筆を把握しています。子供たちが学校を始める頃には、彼らはいわゆる三脚グリップをマスターする必要があります。それは人差し指と親指によって導かれている間、鉛筆は中指にかかっている。前腕と手の両方が机の上に快適に残り、滑らかで均一な書き込みの動きを可能にする必要があります。
正しい筆遣いと正しい鉛筆の握り方とは別に、お子さまは鉛筆に適切な圧力をかける練習をしなければなりません。これができるようになれば、鉛筆は紙の上をスムーズに上手に滑るようになります。姿勢を悪くしたり、力を入れすぎたりすると、圧痕ができたり、指や体が窮屈で不健康な姿勢になってしまうことがあります。人間工学に基づいた、手にとてもよくフィットする筆記具を手に入れることで、このような発達に対抗する必要があります。書く練習をしている間に、お子さんが十分に短い休憩を取るようにしてください。そうすることで、お子さんの筋肉をほぐし、リラックスすることができます。