デニムジャケットのワッペンを作る

Everybody 

30 僅少

あなたに必要なもの

  • テキスタイルマーカー
  • さらし
  • デニムジャケット
  • いんさつひな形
  • 一対のコンパス
  • 厚紙裏
  • 粘着テープ
お気に入りのジャケットについた破れやシミを、新しいものに変えてみませんか?古くなったコットンバッグを使ってパッチを作るだけで、あなたのジャケットに自分だけの表情を与えてくれます。
テンプレートのダウンロード

ステップ1

テンプレートをプリントアウトしたり、自分でデザインしたものを紙に描いてダンボールに固定したりと、クリエイティブな作業をしてみましょう。

ステップ2

生地の下の層に色が透けないようにダンボールを袋の中に入れます。モチーフの輪郭が見えるように、生地を滑らかにします。

ステップ3

きれいに丸みを帯びた縁取りにするには、コンパスや適当な大きさのプレートでモチーフの周りに円を描くとよいでしょう。

ステップ4と5

黒のテキスタイルマーカーでモチーフの輪郭をなぞって、お好きなように色をつけてください。

ステップ6

テキスタイルマーカーの色は乾くと定着します。24時間待つか、待ちきれない場合はスチームを使わずにアイロンをかけてください。

ステップ7

アイロンをかけたり、乾かしたりした後、デニムジャケットのシミや裂け目の上にモチーフを縫い付ければ、新しいアイキャッチャーの出来上がりです。

ヒント

洗濯温度を試すときに気をつけたいのが、洗濯温度です。天然繊維の多い生地ほど、洗濯温度を高く設定することができます(40度~60度)。洗濯の際には、一般的に色に優しく、色落ちしにくいファイン洗剤やカラー洗剤を使用すると良いでしょう。

できれば、新しく購入した生地は、繊維の奥までマーカーインクが浸透するように、前もって洗濯しておきましょう。お洗濯の際には、できるだけ長く自分だけのアイテムを楽しんでいただけるように、デリケートなサイクルと中性洗剤を使用するのがベストです。色の輝きは、生地の風合いだけでなく、温度や洗濯用洗剤の種類によっても変わるからです。

その他のチュートリアル

小さなモンスターをモチーフにしたペイントTシャツ
お気に入りのTシャツにシミ?テキスタイルマーカーで新しいものを作ろう
続きを読む
赤ちゃんのボディスーツをペイント
このテキスタイルマーカーがあれば、ベーシックなベビーのボディスーツを簡単に華やかに演出できます。
続きを読む
ブタさんをモチーフにしたペイントTシャツ
おっとしたシミは、テキスタイルマーカーを使って何かを作ります。
続きを読む